Born in Hiroshima, Japan in 1981, Akiko Murakami began her first musical training at the age of five. At the age of 12, she was accepted to the Juilliard School Pre-College Division where she studied in the class of Herbert Stessin. From an early age she performed in New York at venues such as the Carnegie Weill Recital Hall and New York Steinway Hall.

After graduating from the Toho Gakuen College Music Department with a Bachelor’s degree in 2003, from 2004–2007 she studied in Liszt Ferenc Academy of Music, Budapest in the class of Balázs Szokolay and Atilla Némethy for further post-graduate studies. From 2008 she undertook an MA degree at the Royal Academy of Music under distinguished pianists and professors Pascal Nemirovski and Hamish Milne. She is a recipient of the Toba Mann Award. In 2009 she graduated Master of Arts in Performance, gaining distinction in her Final Piano Recital, for which she was highly commended for the Lloyds Hartley Prize. She has performed in various venues in Japan, Hungary, France, Germany, Israel and the U.K.

 

Akiko has attended many international music festivals such as the Aspen Music Festival (U.S.A) in 1994–1996, the Kusatsu International Summer Music Academy and Festival (Japan) in 1998, and the International Bartók Seminar and Festival in 2007.

She has worked with many acclaimed musicians in masterclasses including Pascal Devoyon, Lilya Ziberstein, Christopher Elton, Balázs Szokolay, Péter Nagy, Aquiles Delle Vigne and Ferenc Rados.

Akiko has won numerous awards including the Prix Spécial du Meilleur Interprète de Musique Romantique in the Concours International de Piano Son Altesse Royal La Princesse Lalla Meryem in 2006, a Special Mention Prize at the Concours International de Piano de Lagny-sur-Marne and as well as a diploma in the Tokyo Music Competition in 2009.

She is currently based in Tokyo & London. She is an active pianist who performs regularly as a soloist and a chamber musician.

 

AKIKO MURAKAMI

 

 

P i a n i s t

Welcome to Akiko Murakami's

official website

Photographer ©Taira Tairadate

村上 明子 ピアニスト

Akiko Murakami pianist
 

広島県生まれ。

5歳よりピアノを始める。

8歳より渡米し、12歳よりジュリアード音楽院プレカレッジにて学ぶ。

幼少期よりカーネギー・ワイル・リサイタル・ホール、NYスタインウェイ・ホールなど様々なホールで演奏する。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。2004年よりハンガリー国立リスト音楽院にて4年間研鑽を積む。

 

2008年9月に拠点をロンドンに移し、英国王立音楽院修士課程(Master of Arts)に入学。

Toba Mann Awards、Lloyds Hartley賞など数々の賞を受賞し、ファイナルリサイタルにて最高位であるディスティンクションを得て、

2009年に英国王立音楽院(ロンドン大学)修士課程修了。同時にロンドン大学の学位を取得する(Master of Arts)。

 

2006年モロッコ国際コンクール入賞

2009年フランスLagny Sur la Marne国際コンクール特別賞受賞

2009年東京音楽コンクール入選

 

これまでアメリカ、日本、ハンガリー、イギリス、フランス、ドイツ、イスラエル各地にて演奏する。

 

ヨーロッパではリスト音楽院小ホール、ロンドン・スタインウェイホール、セント・ジョージス・ブリストルホール、セント・ジェームス・ピカデリー、

カドガンホール、ブリストル大聖堂を含む数多くの教会やホールにてソロリサイタルや室内楽の演奏会に出演し、好評を博す。

 

アメリカや欧州の国際音楽祭、マスタークラスに数多く参加し、コンサートに出演。

パスカル・ドヴァイオン、リーリャ・ジルベルシュタイン、クリストファー・エルトン、ペーテル・ナージ、アキレス・デッレ-ヴィーニュ、

フェレンツ・ラドシュ各氏のマスタークラスを受ける。

 

これまでにクリスティーナ・キッシュ、ハーバード・ステッシン、児嶋一江、村上弦一郎、山田富士子、バラージュ・ソコライ、アッティラ・ネーメティ、

ヘーミッシュ・ミルン、パスカル・ネミロフスキー各氏に師事。

 

約8年のヨーロッパでの音楽活動を経て2012年7月に本帰国。

現在は東京を拠点に国内外でソロ・アンサンブル奏者として演奏活動中。